カードローンと借入可能額

カードローンは融資が早く、使い道も自由だという特徴があります。様々な場面で使えて、しかも融資まで時間がかからないのであれば、使う人が多くなるのも当然かもしれません。しかし、カードローンの借入れは無制限に行えるわけではなく、限度があります。

 

カードローンで借りられる金額については、こちらの希望額と審査結果を踏まえて決まります。つまり、いくら借入れ希望かは聞かれますし、その希望が必ず通るとも限りません。

 

ではカードローンで一般的にいくらまで借りられるのかという点が疑問となるかもしれません。限度額については審査結果によるところがあるので、誰が申込んでも同じではありません。中には100万円を超える限度額で契約を結ぶ人もいますが、10万円という少額での契約となる人もいます。

 

幅が広いと目安が分かりにくいかもしれませんが、初回の限度額は10万円~50万円までが一般的です。特にパート収入など収入が低いケースや、他社でも借入れをしているようなケースでなければ、限度額は20万円~50万円程度が目安となります。

 

限度額が50万円以内という理由として、カードローンは担保や保証人がなく、信用のみで貸付けを行っている点があります。そのためいきなり多額の融資というのが難しく、最初は少額で、利用状況によって増額されるケースが多いです。

 

最近では銀行のカードローンも厳格化が進んできてしまっており、大きな金額を借りにくくなっていると言えます。低金利で頼れる存在であった地方銀行カードローン審査も厳しくなっている傾向にあるので、いきなり大きな金額はそう簡単には借りられないのです。