お勧めできない利用目的

カードローンには様々な使い道があります。ちょっとした生活費の補填やレジャー費用、急な出費の時などに、幅広く活用できます。ただし、カードローンの使い道が自由だからと言って、何にでも活用すべきではありません。借りたお金は返済しなければならないので、安易に借入を繰り返すと、返済の負担が大きくなります。

 

カードローンの使い道として、他社カードローンの返済費用に充てようとして借入を行う人もいます。しかし、返済のための費用をカードローンで借りると、返済の負担が増えるだけで根本的な解決にはなりません。多重債務は返済の負担も大きくなるのでお勧めできません。もしも返済の負担が辛いのであれば、返済計画の見直しやおまとめローンなどの方が解決する可能性が高いです。

 

おまとめローンや借り換えローンであれば悪い使い方ではなく、むしろカードローンの正しい使い道といえるでしょう。銀行の低金利カードローンを利用すれば返済の負担も軽くなるので、今の返済負担が大きいと感じているのであればオリックス銀行カードローンの借り換えを考えてみるなど、低金利での借入れ先を知っておくと良いです。

 

また、カードローンの使い道の1つに投資やギャンブルもあります。こちらの利用方法もあまりお勧めできません。投資やギャンブルの場合、勝てばいいかもしれませんが、その保証はどこにもありません。もしも損失を出してしまうと、自分の持ち金以上の負け分を負担しなければいけません。

 

投資やギャンブルの場合、負けたとしても追加で借入をして資金の投入ができてしまいます。負けぶんを取り返そうと借入を繰り返すと、戻れないところまで行ってしまう可能性があり、リスクが高いです。